診療案内
 

診療内容

鼻の病気

よくある鼻の症状

くしゃみ、鼻水、鼻づまり 鼻の乾燥感 鼻が痛い、頬が痛い
鼻がかゆい 鼻がにおう 鼻水がのどにおりてくる
鼻血が出る
においがしない
いびき、睡眠時無呼吸

鼻の病名一覧

アレルギー性鼻炎 血管運動性鼻炎 急性鼻炎
慢性鼻炎 薬剤性鼻炎 萎縮性鼻炎
鼻茸 鼻中隔わん曲症 副鼻腔炎
鼻前庭炎 鼻出血症 上顎がん

耳の病気

よくある耳の症状

難聴 耳鳴 話が聴きとりにくい
自分の声がひびく 物音がひびく 耳がつまった感じ
耳が痛い 耳がかゆい 耳の周りが腫れる
耳だれ 耳をよくさわる(幼児) めまい

耳の病名一覧

耳あか 外耳炎 中耳炎
突発性難聴 神経性難聴 騒音性難聴
メニエール病 良性発作性頭位変換めまい症 前庭神経炎
起立性低血圧 頚性めまい 聴神経腫瘍
耳管狭窄症 耳管開放症
先天性耳瘻孔

のど・頚部の病気

よくあるのど・頚部の症状

のどが痛い のどの違和感 味覚障害
口が乾く 舌が痛い 声が出にくい
痰がからむ 咳が出る いびき、睡眠時無呼吸
あごの下や首が腫れる        

のど・頚部の病名一覧

咽頭炎 喉頭炎 上咽頭炎
扁桃炎、扁桃肥大 アデノイド肥大 口内炎
声帯ポリープ 逆流性食道炎 咳喘息
アトピー咳嗽(がいそう) 耳下腺炎 耳下腺腫瘍
唾石症 顎下部リンパ節炎 粉瘤
頚部リンパ節炎 亜急性壊死性リンパ節炎 伝染性単核球症
上咽頭がん 中咽頭がん 下咽頭がん
喉頭がん 舌がん 悪性リンパ腫

日帰り手術

日帰り手術


【当院で可能な日帰り手術】
◆鼻
鼻炎に対するレーザー治療(内視鏡使用)
鼻茸切除(内視鏡使用)
副鼻腔炎手術(内視鏡使用)など


◆耳
中耳炎に対する鼓膜切開
中耳炎に対する鼓膜チューブ挿入など

◆のど、頚部
・咽喉頭の腫瘍切除、または組織検査
・咽頭の膿瘍切開
・唾石摘出

鼻粘膜レーザー焼灼術について


概要

アレルギー性鼻炎の3大症状はくしゃみ、鼻水、鼻づまりです

先ずは薬物療法による治療が主体となりますが、

@何らかの理由によって薬物使用が困難な場合
A薬物療法だけでは効果が不十分な場合
Bレーザー治療を希望される場合

などの時にレーザー焼灼術が行われます。

レーザー治療を行うことによって上記3大症状の
改善が見込まれますが、一般的に、鼻づまり:80〜90%、
くしゃみ・鼻水:60〜70%の改善率と言われています。


方法

通常の診察椅子に座って頂き治療を行います。
先ずは鼻内に局所麻酔を施します。これは麻酔液のついた細いガーゼを片方の鼻に3本程度ずつ挿入し
約30分そのままにしておくだけです。これによって術中痛みを感じることはほとんど無くなります。

十分な麻酔を行った後、鼻内をカメラで観察しながら下鼻甲介という部位の鼻粘膜表面を後方よりCO2レーザーにて焼灼します。片方約5〜10分程度です。
少々焦げくさい臭いがしますので、口で息を吸って鼻で出すと良いでしょう。
術後10〜20分程度休憩して頂き、問題なければ帰宅となります。


合併症・その他

万一の為、レーザー光線から眼球を保護する為の専用のゴーグルを着用して頂きます。
術中軽い痛みがあることがありますが、治療はすぐに終了しますのでそのまま行けそうなら続行しましょう。

万一、耐え難いような痛みであれば麻酔を追加させていただきます。
もし途中で気分が悪くなったらすぐに訴えてください。

また、術中術後に鼻出血をおこすことがあります。稀ですが鼻内に止血用のガーゼを入れて帰宅していただく場合があります(その場合翌or翌々日の再診が必要です)。
帰宅後に出血することがありますが少量の出血であれば心配ありません。鼻を強くかまないようにして様子を観てください。また、痛みが出る場合がありますので鎮痛薬を処方します。

術後は一過性(1週間程度)に鼻水、鼻づまりなどの症状が増悪することがありますが、その後は徐々に改善し、レーザーの効果が現れてきます。

鼻内に痂皮(かさぶた)が付着しますので状況によっては週に1〜2回程度の通院が必要になる場合があります。


治療効果の持続は一般的に3ヵ月程度